オープニングスタッフとして働く利点

オープニングスタッフとして働くアルバイトは、店舗が新規でオープンする際に仕事を手伝うという、非常に重要な役割を担います。店長や他のスタッフと一緒に協力し合いながらオープンに向けて運営をしていくことになるので、その分とてもやりがいを感じられます。オープニングスタッフとして働く場合には、店舗がオープンするまでとオープン後で仕事の内容も若干変わることがあるので、心得ておきましょう。一般的には、開店前には接客に関する研修を受けたり、リハーサルなどをこなしていきます。それと並行してマニュアル作りなども行われ、開店後はマニュアルを修正したり、ルールを微調整していくことになります。マニュアルに関しては、チェーン店は既に確立されているので省略されることもありますが、個人経営の店舗であればスタッフも関わることがあります。オープンするまでの期間にしっかりとルールを身に付け、運営の基礎知識を頭に入れておく必要があります。

また、オープニングスタッフのアルバイトはスタッフが皆同じレベルからスタートするので、スタッフとの話し合いに積極的な姿勢で参加しながら意見を出し、運営していくように努力していかなければなりません。接客のリハーサル時には、起こり得るトラブルを色々な面から想定して行っていくことが重要です。店長とともに、店舗の運営に真剣に関わっていくことで、力量が見込まれてリーダーに任命されることもあります。オープニングから携わるということはそれだけ仕事は大変ですが、自分自身が成長できる可能性を秘めたやりがいがあるアルバイトと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です